vol.4 薬剤師が感じるストレス要因と求める就業環境はどんなこと?

5分で読めるポイント解説 薬剤師労働実態調査

vol.3の記事で、薬剤師が転職後に感じるギャップについてご紹介いたしました。では転職活動終了後、ある程度の勤務期間を経た方は、どんなことにストレスを感じるようになるのでしょうか。また、どんな職場環境を求めるのでしょうか。当記事では、「薬剤師が感じる仕事のストレス要因と求める就業環境」を「マイナビ薬剤師」のご登録者を対象にアンケートを実施し、その調査結果をまとめた「薬剤師白書2020年度版」のデータをもとに、詳しくご紹介します。
 
編集・構成/メディカルサポネット編集部

 

薬剤師の転職・就業動向

以下は「薬剤師白書2020年度版」における、退職・転職動向に関する調査結果です。

 

仕事をする上でストレスをどのくらいの頻度で感じますか?

 

 

現在の職場で仕事をする上でのストレスを尋ねたところ、「ほぼ毎日感じている」が44.0%と最も多く、次いで「週に何度かは感じている」29.7%、「月に何度かは感じている」14.0%と続き、頻度はさまざまであるものの全体の87.7%がストレスを感じていると回答しています。

 

 

薬剤師は何にストレスを感じているのでしょうか?

 

会員登録されている方のみ続きをお読みいただけます。

この記事を評価する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP