2021.01.13
5

◆緊急アンケート調査◆
新型コロナウイルス感染症拡大による病院・薬局・介護施設等への影響~経営編~

編集部より

新型コロナウイルス感染症の拡大により、多くの医療介護施設が人材の点でも経営の点でも困難な状況に置かれて半年以上の月日が経過しました。いまだ明るいニュースは少なく、医療介護現場の疲弊は一層深刻さを増しています。この事態を私たちはただ傍観するわけにはいきません。メディカルサポネットではこのたび、新型コロナウイルス感染症拡大が医療機関・介護福祉施設に及ぼした影響に関する実態調査をすべく、インターネットを利用したアンケート調査を実施いたしました。実に75%もの医療機関・介護福祉施設が「収益が悪化した」と回答しており、短期的な回復が見込めない現状をどう乗り切るか、各施設が苦慮していることが伺えました。アンケートの回答以外にも多くの現場からのご意見をいただきました。今後、メディカルサポネットにできる医療機関・介護福祉施設への支援方法を検討し、実施してまいります。

 

執筆/高山 真由子(看護ジャーナリスト、看護師、保健師)  

編集/メディカルサポネット編集部

メディカルサポネットでは、マイナビを利用したことのある病院・薬局・介護施設等の経営者・管理者を対象に、新型コロナウイルス感染症拡大による影響について緊急アンケートを実施いたしました。その回答詳細につきまして、以下のとおりご報告いたします。

 

本編は【経営編】として、新型コロナウイルス感染症拡大が、医療介護施設に及ぼした影響についてまとめました。

 

■結果概要

 

新型コロナウイルス感染症拡大を受けて、これまで経験したことのない未曾有の事態に、医療介護を担う各施設はネガティブな影響を複数受けていることがわかり、その回復には多くの労力が必要になることが予想されます。

 

また、「衛生資材の品薄による感染時の対応の不安、単価高騰による費用増大、新規利用者獲得のための面接控えによる次期入所者決定の遅れ、家族面会中止による入所者と家族のストレス、自粛生活と感染の恐怖からの職員のストレス等課題山積。施設クラスターの恐怖に向き合わなければならない」(介護施設/人事・事務部門管理職)とあるように、人材・物品・収益など各種影響が複雑にからみあい、1つ1つの解決が容易ではないことから、各施設で解決できるものではなく、幅広い分野からのサポートが必要であることがうかがえます。

 

■回答施設内訳

 

 

■新型コロナウイルス感染症拡大によって、経営面に受けた影響は?

 

会員登録されている方のみ続きをお読みいただけます。

この記事を評価する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP