2020.12.04
5

薬局のライフサイクルを知る(3)薬局の世代間移行という鳥の目

狭間研至の薬局経営3.0~社長が変われば薬局が変わる~
vol.3


狭間研至の薬局経営3.0社長が変われば薬局か変わる

 

編集部より

医師であり調剤薬局の経営者でもある狭間研至さんの連載コラム「薬局経営3.0〜社長が変われば薬局が変わる〜」。第3回は、狭間さんが薬局経営に閉塞感を感じていたころに知ったという言葉「全てのビジネスモデルには寿命がある」を起点に、調剤薬局のビジネスモデルについて考察を深める第2弾です。今回は薬局の世代間移行について、ウェブの進化にならって、これまでの薬局ビジネスモデルを3つの世代に分けて考え、これからの薬局経営の変化を予想していきます。また、変化するビジネスモデルに気づくために薬局経営者に必要なことは、虫の目ではなく鳥の目になって業界を見ることだと説いています。

 

迫りくる調剤薬局ビジネスの衰退

 

こんにちは。狭間研至です。前回は「薬局のライフサイクルを知る」をテーマに、その第1弾として「永遠に続くビジネスモデルはない」というお話をいたしました。別に薬局に限りませんが、ずっと同じタイプのビジネスが続くというのは難しいことですし、ライフサイクルというものがあることを考えれば、むしろそれが自然なことなのだと感じられるのではないかと思います。

 

いわゆる「場所取り」に汲汲としながら、右往左往していた2006年頃に、こういう今で言うところの「立地依存」型のビジネスモデルも、いつまでも続かないんだという業界の見方は、うれしかった反面、その興奮が過ぎ去っていくと大変困ったことに気がつきました。

 

それは、1974年に始まった「調剤薬局」というあり方は、1991年から成長期に、そして2008年から成熟期を迎えるのだという話からすれば、2025年からは衰退期に入っていきます。私は1969年生まれなので2025年といえば、56歳です。私が子どもの頃と違って今の56歳はめちゃくちゃ元気な方が多いですし、自分もそうありたいと思っていますが、「人生、これから!」という時に、自分が乗っかっているビジネスモデルが衰退期に入るというのは、ちょっと、というよりかなりまずいことになってしまいます。

 

衰退期のビジネスモデルは、言ってみれば下りのエスカレーターを必死で登るような感じになります。登っても登っても登れないわけです。「社長、しんどいです!」「がんばろう!」という不毛なやりとりは、社員のためにも避けたいと思いました。生き方や働き方は基本的に自由な日本という国で、何も、下りのエスカレーターを登るような仕事をメインとしなくても良い。登るなら、登りのエスカレーターでありたいものだな、と整理のつかない頭の中で、色々と考えていました。

 

 

そのときに、ふと思い出しました。「そういえば、私の母が1976年に作ったOTC医薬品販売がメインの相談薬局って、今はもうないよな…」と。そうです。私の母が作った薬局は、「健康相談」「漢方相談」がキャッチフレーズで、たった1人の薬剤師が切り盛りする小さな薬局でした。患者さんは処方箋ではなく、「疲れがとれない」「子どもがご飯を食べない」「風邪っぽい」といった困りごとを持ってこられました。薬剤師である母は、その話を聞いて、OTC医薬品や健康食品などを販売し、患者さんはそれらの商品とともに、ちょっとした安心感や期待感を持って帰っていかれたように思います。

  

それに対して、私が医師となって10年余り経ってから見に行ったうちの薬局は、患者さんは困りごとではなく処方箋を持ってこられ、お薬を受け取って淡々と帰っていくという、全く違う薬局の姿になっていました。

 

これら2つの薬局は、ビジネスモデルも、収益構造も、集客の仕方も違えば、スタッフに求められる知識、技能、態度も異なります。だとすれば、スタッフの教育はもちろんのこと、採用基準まで変えなくてはなりませんし、マネジメントもマーケティングも全て変えなくてはならなくなります。

 

つまり、私が知る2つのタイプの薬局は、同じビジネスとは思えないぐらいに異なっていたのです。 

 

薬局業界を俯瞰して見える世界

    

そんな頃、ふと手にした本に「ウェブ2.0」という言葉を見つけました。発言したのは、アメリカのIT企業で活躍されていたティム・オライリーという方ですが、何の話かと思って読んでいくと、「ウェブは第二世代に入った」というお話でした。そういえば、windows 3.0というOSが私が研修医のころのPCにはまだ入っていましたが(まだwindow 95の前です!)、つまり、世代が違う、バージョンが異なることを、「2.0」と「3.0」と名付けていたわけです。

  

だとすると、私の母が作ったような昔の相談薬局を第一世代薬局ととらえ「薬局1.0」、2006年ごろに私も熱心に取り組んでいた「調剤薬局」と呼ばれる急成長した薬局を第二世代薬局ととらえ「薬局2.0」と呼べば、自分の頭の中がすっきりすることに気がつきました。

 

そして、大事なことは、薬局1.0である私の母が開設したようなタイプの薬局がほとんどなくなってきたように、当時隆盛を極めていた薬局2.0というべき「調剤薬局」も、いずれ無くなるのではないかと思いました。

 

 

ここから少しオカルトめくのですが、この国が1945年を境にやり直しているとすれば、「薬局1.0」は、1945年に始まって、17年x3(導入・成長・成熟)=51年のライフサイクルで衰退期に入っていったことになります。確かに1945+51=1996年以後、町の相談薬局のようなものは流行らなくなっていたように感じます。

  

一方、「薬局2.0」のスタートは、国が医薬分業に舵を切った1974年です。1945年と1974年の間には29年の差がありますから、薬局2.0が2025年からは衰退期に入るとして、これからの地域医療を支える「薬局3.0」とも言うべき薬局は、1974+29=2003年に始まっているのではないかと、2006年の私は考えたのです。

 

そして、振り返ってみると、2003年から特別養護老人ホームの処方箋応需をご縁があり受け始めていて、その業務内容や気をつけるべきポイントが大きくことなり戸惑ったことなどを思い出したのですが、これは、世代が変わるのだと考えれば、妙に腑に落ちることに我ながら驚いたものです。そして、私としては、「今はまだイケるけれども、いずれは衰退期に入る2.0モデルから、まだ今は混沌としているけれども、いずれ成長期に入っていく3.0モデルに移行しよう」と心に決めました。

 

そのあたりから薬局の業界で起こっている様々なできごとを、2.0の成熟期の話か、3.0の導入期の話で考えてみればよく分かるようになりました。経営者は、虫の目でなく鳥の目を持つことが大事だと言われますが、確かにこのような業界全体を俯瞰する目を持つことは、これからの薬局経営においても、重要なことだと痛感しています。

 

次回は、2020年がこれからの薬局経営を決めるということについてお話したいと思います。お楽しみに。

 

 

※次回は1月上旬に公開予定です

プロフィール

 

狭間研至(はざま・けんじ) 
ファルメディコ株式会社 代表取締役社長/医師、医学博士、一般社団法人 日本外科学会 認定登録医。
1969(昭和44)年、大阪府生まれ。95(平成7)年、大阪大学医学部卒業。大阪大学医学部付属病院、大阪府立病院(現 大阪急性期・総合医療センター)、宝塚市立病院で外科・呼吸器外科診療に従事。2000(平成12)年、大阪大学大学院医学系研究科臓器制御外科にて異種移植をテーマとした研究および臨床業務に携わる。同修了後の04(平成16)年から現職。現在は、地域医療の現場で医師として診療も行うとともに、一般社団法人 薬剤師あゆみの会・一般社団法人 日本在宅薬学会の理事長として薬剤師生涯教育や薬学教育にも携わっている。

↑ back number ↑

 

この記事を評価する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP