2021.02.08
5

【コメディカル編】入職前後フォローの充実度で定着率が変わる!内定~入職までの受け入れ準備

 

中途採用された職員は、前職とは異なる職場環境、仕事の進め方などにすぐに慣れることは難しいものです。

スキルや経験があり、即戦力としての活躍を期待される中途採用者に高い意識を持って就業してもらうには、入職前後のコミュニケーションとフォローが大切になります。

しかし、中途採用における入職前後フォローに関しては、情報が少ないため良い方法がわからないという人事・採用担当者が多いのではないでしょうか。

 

人材の採用は重要な経営課題のひとつです。せっかく採用活動を実施しても、入職に必要な手続きの連絡が行き届いていなかったり、コミュニケーションが不足していたりすると「本当に自分は必要とされているのだろうか」、「この職場で長く勤務できるのか」といった感情から、入職前の辞退や早期での退職に繋がる恐れもあります。

 

今回はマイナビが調査した、入職が決定した後に辞退した方・入職後に早期(3ヶ月以内)に退職した方のデータと事例からその原因を探り、入職前後の中途採用者に対して必要なフォローアップについて紹介します。

受け入れ準備のチェックリストもご用意しましたので、ぜひご活用ください。

 

入職前・入職後フォローの目的は?

 

内定を出した入職予定者や実際に入職した中途採用者に対して、適切なフォローアップを実施すべき理由は何でしょうか?

フォローを行う目的として、大きく以下の2つが挙げられます。

 

目的① 入職の辞退防止 

1点目は、入職辞退を防止することです。

時間やコストをかけて採用し、内定を承諾した人材が、結果的に入職に至らないという事態を避けるためには、入職前に定期的に連絡をしたりコンタクトを取ったりすることで、離脱を防がなければなりません。

採用が決定してから入職日までに、どのような対応が必要なのかを明確にした上で、人事・採用担当者や配属予定先部署の責任者が入職予定者とコミュニケーションを取ることにより入職するまでの不安を緩和させ、その人材のモチベーションを維持することが求められます。

 

目的② 早期の退職防止 

2点目には、入職後に短期間で退職されてしまう事態を防ぐ目的があります。

職員が早期に退職に至る背景にはさまざまな理由がありますが、入職前後のギャップが原因の一つとして挙げられます。入職後に「聞いていた業務内容と違う」「事前に提示された採用条件と異なる」「職場環境が合わない」などといったミスマッチを起こさないよう、働き方や職場環境に関して事前に十分な情報提供を行うなど、入職した後のフォローアップに加え、内定時・採用選考時から対策を行うことが必要です。

 

入職を辞退する理由とは?

 

一旦、内定を承諾したにも関わらず入職を取りやめてしまう背景には、何があるのでしょうか。

下記は「マイナビコメディカル」の人材紹介サービスを介して転職した方のうち、内定承諾後に入職を辞退された理由を集計したグラフです。

 

会員登録されている方のみ続きをお読みいただけます。

この記事を評価する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

TOP