メディカルサポネットは、医療機関や保険薬局、介護施設の経営者、事務長、看護部長、管理部門の皆さまに向けた経営・採用支援サイトです。経営・人事・採用に役立つノウハウ情報が満載です。

Powered by

2023.01.23
5

従業員エンゲージメントとは?医療・介護業界での意味や重要性を解説

ケアサービスの質がぐんぐん上がる!

従業員エンゲージメントとは?医療・介護業界での意味や重要性を解説

 

編集部より

働き手の不足や働き方の変化による人材の流動化が進む中で、業界を問わず、従業員エンゲージメントを重視する企業・組織が増えています。従業員エンゲージメントとは、従業員が企業・組織の目指す方向性に共感し、企業・組織といっしょに二人三脚で進んでいこうとする思いのことです。従業員エンゲージメントがどのような状態なのかは、従業員の離職率や提供するサービスの質に大きな影響を及ぼします。

ここでは、従業員エンゲージメントの基礎知識について解説。さらに、それを高めることが医療・介護業界にどのようなメリットをもたらすのか、従業員エンゲージメントの効果についても紹介します。

          

編集/メディカルサポネット編集部

 

目次

  • 1.  従業員エンゲージメントは職場のやりがい・働きがいを映す鏡/従業員エンゲージメントの基礎知識
  • 2.  従業員エンゲージメントを高めるメリット
  • 3.  従業員エンゲージメント向上のためにできることとは?
  • 4.  魅力ある職場づくりのために従業員エンゲージメントを意識しよう

 

従業員エンゲージメントは職場のやりがい・働きがいを映す鏡/従業員エンゲージメントの基礎知識

従業員エンゲージメントとは、従業員が企業や組織の目指す方向性に共感し、自発的に企業・組織に貢献しようとする意欲や熱意のことをいいます。または、従業員がそのような企業・組織への信頼や貢献意欲をどれぐらい持っているかを示す指標のことです。

似た概念として従業員満足度がありますが、従業員満足度は「従業員から見た企業・組織の居心地の良さ」を表したものです。一方、従業員エンゲージメントは「従業員と企業・組織双方の関係、関わり合い」を重視したものになります。

   

「従業員エンゲージメントが高い」とは、従業員が所属する企業や組織の理念やビジョンを理解し、企業・組織を信頼して、企業・組織への高い貢献意欲を持っている状態を指します。

従業員エンゲージメントが高い企業や組織は、従業員が仕事に対してやりがいを感じ、誇りと熱意を持って取り組んでいるのが特徴です。その結果、離職率の低下、サービスの質の向上が見られ、業績アップにもつながるといわれています。反対に、従業員エンゲージメントが低い企業・組織では、従業員のモチベーションが低く、離職率の高さが目立ちます。優秀な人材に長く働いてもらうことを目指すには、従業員エンゲージメントを高める施策を行うことが求められているのです。

    

医療機関・介護施設・薬局などでも組織の成長のため、また優秀な人材に来てもらうために、働きやすい職場づくりが急務となっています。従業員エンゲージメントが高まれば職員の士気も高まり、自然と働きやすさにつながります。チームケアが基本である医療・介護業界では、この点からも従業員エンゲージメント向上に取り組むことが重要といえるでしょう。

   

従業員エンゲージメントを高めるメリット

従業員エンゲージメントを高めることで得られるメリットは、大きく分けて3つあります。 

1.離職率が低くなる

従業員エンゲージメントが高い職員は、所属する組織への信頼度が高く、仕事に対して熱意ややりがいを感じています。仕事や組織に対して不満を抱きづらいので、突発的に離職することはあまりありません。売手市場で、たとえ今の職場を辞めても転職先候補がたくさんある医療・介護業界では、優秀な職員に長く働いてもらうためには、従業員エンゲージメントを高める施策が不可欠といえます。

  

2.患者・利用者へのケアサービスの質が高まる

従業員エンゲージメントの高い職員はやる気が高く、自発的に「組織に貢献したい」と考えて積極的に行動するため、提供するサービスの質が高まります。その結果、患者・利用者の満足度が上がり、手応えを実感したことで職員のモチベーションが向上。チーム全体が良い雰囲気になっていく好循環が期待できます。

     

会員登録されている方のみ続きをお読みいただけます。

この記事を評価する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP