2019.08.05
5

看護部ビフォーアフター
vol.1 社会医療法人至仁会 圏央所沢病院

~タテとヨコのつながりで人が育ちあう風土を定着~

大きな声では言えないかもしれないけれど、どこの看護部もそれぞれに課題を抱え、頭を悩ませているもの。どのように課題と向き合い、乗り越えていくのか……。そこで組織としての真価が問われます。今回は、看護師の採用や教育制度の改革を成し遂げた圏央所沢病院の皆さんに、改革に至った経緯や、改革により変わったことについて伺いました。
 
取材・文:ナレッジリング(中澤仁美)
撮影/さいじまゆうき
編集・構成/メディカルサポネット編集部

 

 

大きな声では言えないかもしれないけれど、どこの看護部もそれぞれに課題を抱え、頭を悩ませているもの。どのように課題と向き合い、乗り越えていくのか……。そこで組織としての真価が問われます。今回は、看護師の採用や教育制度の改革を成し遂げた圏央所沢病院の皆さんに、改革に至った経緯や、改革により変わったことについて伺いました。

【お話を伺った皆さん】

看護部本部 統括部長 小菅順子さん

採用課 課長 吉澤康宏さん

看護部師長/教育委員長 萩原崇之さん

看護部主任/教育副委員長 井之川真寿美さん

  

左から井之川主任、小菅看護部長、萩原師長、吉澤課長

採用担当は「看護部全員」!

――人材の採用に苦労された時期があったそうですが、どのような工夫で乗り越えたのですか。

 

小菅順子さん(以下、小菅):かつて当院が吉川病院という名称で運営されていたころは、敷地面積も病床数も今より小規模だったこともあり、特に人材不足の問題はありませんでした。ところが、2009年に圏央所沢病院として再出発した際に病床数が急増し、必要な看護師数も一気に増えたため、募集・採用の方法をめぐって看護部としても大いに悩みました。手始めに、当時の副看護部長と私で、手作りのパンフレットを持って学校回りをしてみたのですがほとんど反応がなく、途方に暮れたことを覚えています。

  

吉澤康宏さん(以下、吉澤):誰にどうやって当院の魅力を伝えていけばよいのか考え抜いた結果、関東圏の学校だけでなく、それ以外の地方にも積極的に目を向けることに。当時新設したばかりの寮もアピールしながら、主に東北地方での就職イベントなどに参加しました。そのとき意識したのは、看護部の中で採用担当者を固定しないということ。各科の師長たちを中心として順番にイベントへ出向いてもらい、募集・採用に関する問題意識を共有してもらうことが狙いでした。

  

萩原崇之さん(以下、萩原):私も仙台や福島などで採用イベントに参加しました。採用に関することは看護部長に一任するケースが多いと思いますが、その場合、それ以外のスタッフはどうしても「他人事」のように思ってしまいがちです。しかし、現場の私たちも就職活動をする学生さんと関わることで、能動的に採用活動に取り組むようになりました。採用イベントで会った学生さんとインターンシップなどで再会し、その後スムーズな対応ができたと思います。そのような活動を3年間ほど継続した結果、各地域からたくさんの学生さんが入職してくれるようになりました。4年前には1人だった新卒採用者が昨年は23人にまで増え、目に見えて成果が上っています。

 

改革の中心となり、ビフォーアフターの過程を見届てきた小菅看護部長

会員登録されている方のみ続きをお読みいただけます。

この記事を評価する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP