2021.01.20
3

「CHASE」→「LIFE」 介護保険の新たなデータベース、4月から名称変更

メディカルサポネット 編集部からのコメント

厚生労働省は、エビデンスに基づく科学的介護を進めるため、利用者の状態やサービスの内容などの情報を幅広く集める介護のデータベース「CHASE」と、リハビリの情報に特化した既存のデータベース「VISIT」の一体的な運用のため名称を統一し、4月から新名称『LIFE』として介護保険の新たなデータベースを稼働させることを公表しました。また、4月の介護報酬改定では『LIFE』への情報提供やフィードバックの活用を要件とする加算を各サービスに新設する方針です。なお、『LIFE』に関する最新情報は連載コラム「介護経営コンサルタント小濱道博の先手必勝の介護経営 vol.5」にて解説しています

 

《 社保審・介護給付費分科会 18日 》

 

「4月以降は『LIFE』と呼びます」。介護報酬を議論する審議会の18日の会合で、厚生労働省はそうアナウンスした。【Joint編集部】

 

介護保険の新たなデータベースの話だ。厚労省は来年度から、利用者の状態やサービスの内容などの情報を幅広く集める「CHASE」を本格稼働させる。エビデンスに基づく科学的介護の基盤に育てたい考えで、リハビリの情報に特化した既存の「VISIT」との一体的な運用も始める。

 

これを機に、分かりやすさの観点から両者を統一した名称へ見直す。新たな「LIFE」は、Long-term care Information system For Evidenceの頭文字からつけたという。

 

第199回社会保障審議会介護給付費分科会資料

 

この分野では従来から、主に要介護認定やレセプトなどの情報を蓄積している巨大な基幹的データベース、いわゆる「介護DB(介護保険総合データベース)」が存在している。来年度からは2本柱。この「介護DB」と新たな「LIFE」が、科学的介護の車の両輪として運用されていくことになる。

 

厚労省は4月の介護報酬改定で、「LIFE」への情報提供やフィードバックの活用を要件とする加算を各サービスに新設する方針。データベース構築への協力を事業者に促す仕掛けで、今回の名称変更はこうした取り組みの浸透につなげる狙いもある。 

 

 

出典:JOINT

この記事を評価する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP