メディカルサポネットは、医療機関や保険薬局、介護施設の経営者、事務長、看護部長、管理部門の皆さまに向けた経営・採用支援サイトです。経営・人事・採用に役立つノウハウ情報が満載です。

Powered by

2022.03.11
3

介護事業所の実地指導、名称を「運営指導」に変更 厚労省 新年度からオンライン対応を容認

メディカルサポネット 編集部からのコメント

厚生労働省は、2022年度から介護施設・事業所に対する自治体の「実地指導」でのオンライン会議ツールの活用を、ルール上明確に認めていく予定です。それに伴い、"実地"ではなくなるケースも発生することから、その名称は「運営指導」に改められます。 オンライン会議ツールによる運用が認められるのは、コロナ禍の特例を除けば今回が初めてとなります。当初は実地指導の名称を「個別指導」とする案が掲げられていましたが、「医療分野と混同する」などの指摘を受けて「運営指導」が採用されました。

  

厚労省

《 厚労省 》

 

介護施設・事業所に対する自治体の実地指導について、厚生労働省は新年度から、現場の負担軽減に向けてオンライン会議ツールの活用をルール上明確に認めていく。必ずしも"実地"ではなくなることから、その名称は「運営指導」に改める。【Joint編集部】

 

今年度中に指導指針を改正する。自治体向けの政策説明会の資料を10日までに公式サイトに公表。その中で明らかにした。近く解説用の動画も出す。オンライン会議ツールによる運用が認められるのは、コロナ禍の特例を除けば今回が初めてとなる。

 

全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議資料

 

厚労省は改正後の指導指針で、介護施設・事業所の「運営指導」の内容を次の3点に明確化する方針だ。

 

(1)介護サービスの実施状況の指導

個別サービスの質(施設・設備や利用者へのサービス提供状況などを含む)に関する指導

 

(2)最低基準など運営体制の指導

運営基準などに規定された運営体制に関する指導

 

(3)報酬請求の指導

加算などの介護報酬請求の適正実施に関する指導

 

このうち(2)と(3)について、オンライン会議ツールを活用することが可能だと明記する。介護現場と自治体の双方の負担に配慮した措置で、「実地でなくても確認できる内容」と整理する意向を示した。

 

「運営指導」の頻度は、従来通り指定の有効期間(6年)の間に少なくとも1回以上とする。厚労省はこのほか指導指針に、

 

◯ 標準化・効率化による所要時間の短縮

 

◯ 同一所在地や関連する法律に基づく指導・監査の同時実施

 

◯ 確認する書類の対象期間の限定

 

なども書き込む考えだ。

 

厚労省は1月、介護現場の事務負担の軽減に向けた方策を話し合う専門委員会で、こうした見直しを固めていた経緯がある。当初は実地指導の名称を「個別指導」とする案を掲げていたが、「医療分野と混同する」などの指摘を受けて「運営指導」を採用することにした。

 

 

出典:JOINT

 

この記事を評価する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP