メディカルサポネットは、医療機関や保険薬局、介護施設の経営者、事務長、看護部長、管理部門の皆さまに向けた経営・採用支援サイトです。経営・人事・採用に役立つノウハウ情報が満載です。

Powered by

2021.12.03
3

今年度のケアマネ試験、1万2662人が合格 合格率は過去10年で最高の23.3%に 速報値

メディカルサポネット 編集部からのコメント

12月2日に介護支援専門員実務研修受講試験の結果が発表されました。受験者は2年連続で増加しており、合格者も4年ぶりに1万人を超えました。最近ではケアマネジャーを目指す人が激減しており、担い手不足の深刻化を懸念する関係者が多い一方で、ここ数年は受験者数、合格者数ともに増加傾向となっています。今後は国の処遇改善策の影響も含め、引き続き動向には注目が集まりそうです。

  

※ 画像はイメージ

 

2日、今年度の介護支援専門員実務研修受講試験の結果が発表された。【Joint編集部】

 

47都道府県の報告をJoint編集部が独自に集計したところ、今回は受験した5万4290人のうち1万2662人が合格。合格率は23.3%だった(*)。

 

* 集計は2日時点の速報値。今後変動する可能性あり。

 

【注目】脱電話・FAXは不可避。医療・介護の効率化にLINE WORKSが使われる理由

 

受験者数は2年連続、合格者数は3年連続で増加した。前年度からの伸び幅は受験者数が7875人、合格者数が4462人。合格者数は4年ぶりに1万人超へ回復した。

 

 

合格率は前年度から5.6ポイント上昇。過去10年で最高の成績となった。23%台は2009年度以来12年ぶり。合格率が上がったため、合格者数は過去最少を記録した2018年度の2.5倍に増えている。

 

 

ケアマネジャーを目指す人は以前より大幅に少なくなり、最近では担い手不足の深刻化を懸念する関係者が多くなった。ここ数年は受験者数、合格者数ともに増加傾向。国の処遇改善策の影響も含め、今後の動向に引き続き大きな注目が集まりそうだ。

 

【重要】LIFE対応は介護DXによる全体最適が王道!! 今トータル支援が必要な理由

 

合格率を都道府県ごとにみると、愛知県が30.0%でトップ。以下、東京都、埼玉県が27.7%、広島県が26.3%と続く。最低の合格率は16.1%だった。

 

 

 

出典:JOINT

この記事を評価する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP