メディカルサポネットは、医療機関や保険薬局、介護施設の経営者、事務長、看護部長、管理部門の皆さまに向けた経営・採用支援サイトです。経営・人事・採用に役立つノウハウ情報が満載です。

Powered by

2021.10.01
5

岸田新総裁、介護職の賃上げに取り組む意向を表明 「公的価格を率先して上げる」

メディカルサポネット 編集部からのコメント

29日、自民党総裁選に勝利した岸田文雄新総裁が記者会見で、経済政策の一環として介護職などの賃上げにも力を入れる意向を表明しました。「看護師、介護士、保育士の方々の給料は、仕事の大変さに比べて低いのではないか、こうした方々の給料は国で決められる。」と指摘し、国が率先して公的価格を適正に引き上げることで、民間の給料の引き上げにも拡大させていくことができるのではないかと述べました。

   

《 岸田文雄自民党新総裁(2019年7月撮影)》

 

自民党の岸田文雄新総裁は29日、総裁選に勝利した後で党本部で行った記者会見で、経済政策の一環として介護職の賃上げにも力を入れる意向を表明した。【Joint編集部】

 

成長と分配の好循環を目指すと重ねて強調し、「公的価格の見直しを訴えてきた。看護師、介護士、保育士の方々の給料は、仕事の大変さに比べて低いのではないか」と指摘。「こうした方々の給料は国で決められる。国が率先して公的価格を適正に引き上げることを考えたらどうか。それを呼び水として、民間の給料の引き上げにも広げていくことができるのではないか」と言明した。

 

続けて財源について、「例えば医療の市場は40兆円、介護の市場は10兆円。そもそも市場自体を大きくすることもしっかり考えながら、この市場の中での分配のあり方、適正に分配されているかどうかを考えることも重要だと思う」と述べた。

 

岸田新総裁は会見で、「年内に数十兆円規模の経済対策を策定する」と表明。「一部の方々だけでなく、地域や分野を問わずできるだけ多くの方々の給料、所得を引き上げていく。そのことによって消費が間違いなく喚起される。成長なくして分配なし。分配なくして次の成長もない」と語った。

 

 

出典:JOINT

この記事を評価する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP