2020.07.31
5

主任のモチベーションを維持するために看護管理者ができること
~疲れて孤独?な主任を救え!~

そこが知りたい看護管理 vol.11

看護職が最初に就く管理職は「主任」という役職です。一般職から管理職への階段をのぼり、「主任さん、今いいですか?」などと現場では頼りにされる立場ではないでしょうか?「師長にはちょっと聞きづらいけど主任さんなら・・・」と、一般職看護師にとって身近な管理職ともいえます。しかし、スタッフでもなく、病棟全体の責任者でもない「主任」という立場は、モチベーションを維持しにくい傾向にあると森田さんは言います。悩める主任を救うのは師長・看護部長の大事なお仕事の1つです。今回はモチベーションの理論から、具体的な支援方法についてのお話です。

執筆/森田 夏代
編集・構成/メディカルサポネット編集部


そこが知りたい看護管理 森田夏代さん メディカルサポネット マイナビ 

  

◆多岐にわたる主任の仕事は板挟みと孤独?

研修先や病院内でよく耳にする師長・主任たちの言葉があります。

 

「うちの主任、燃え尽きちゃったみたいなんです。辞めたいと言い出して・・・」

「主任になって3年経ちますが、年々、辛くなってきて仕事が楽しくありません。転職して環境が変わったら違うでしょうか?」

「もう長いこと働いていますが、最近はモチベーションが維持できない感じがして・・・」

 

もう少し詳しく話を伺ってみると、毎年繰り返される新入職者教育を一手に背負い、数ヵ月間温かい目で見守り指導をしたり、みんなが働きやすくなるために師長や医師との調整をしたり、時には他部門や家族との間に入って調整をするなど、主任の仕事は多岐にわたり、明確な結論が出ないことも多いようです。そして、心理的には常に師長と一般看護師との「板挟み」状態で「孤独」を感じると話される方が多い印象です。このような話を伺うと私は「主任さんは、自分がやりたい看護ができない状況なのだな」と思います。

 

私も主任に昇格して辞令を受け取った時、上司から「主任は孤独な立ち位置だよ」と言われた記憶があります。果たして、主任は孤独な存在でモチベーションが維持できないのでしょうか? 今回は主任のモチベーションについて考えてみたいと思います。

 

     

◆主任のモチベーションはどこへ?

モチベーションは心理学用語の1つで、日本では1990年代からビジネスの世界で用いられるようになり、FIFAワールドカップフランス大会の頃から、一般的に使われるようになりました。「モチベーションが高い」「モチベーションの維持向上」などと表現されています。主にビジネスの世界やスポーツの世界で使われていますが、看護界でも看護管理の中で頻繁に使われている印象があります。

 

モチベーションとは『意欲の源になる「動機」のこと』(三省堂辞書Web編集部より)ですが、一般的には、「動機の結果として現れる意欲=仕事を頑張りたい気持ち」を表現していると考える方が、しっくりくるようです。

 

では「動機」とは何でしょうか? 心理学でいう「モチベーション=動機」ではさまざまな理論がありますが、一般に使われるハーズバーグの理論では「内的動機づけ」と「外的動機づけ」に分かれるといわれます。

 

 ①内的動機づけ ➡ 行動による満足感(意欲・感情など)

 ②外的動機づけ ➡ インセンティブ(給与・昇格など)

 

  

主任のモチベーションをアップさせる師長・看護部長の支援とは?

主任の仕事は①物理的な仕事量の多さ・②労働時間の長さ・③コミュニケーション不足が常にあるといわれています。以下に具体的に示しましょう。

 

①仕事量の多さ=主任としての役割(看護実践・教育・環境調整・管理代行業務など)

②労働時間の長さ=看護業務終了後から始まる委員会の仕事(教育や会議研修など)、資料作成などの自宅への持ち帰り仕事

③コミュニケーション不足=予測できない事象が多く、師長や一般職看護師と話すタイミングが取れない

 

同時に、「できて当たり前」と承認される機会が減少することから、内的動機づけが減少するため「モチベーションが維持できない」状況となってしまいます。

 

このような時に、看護管理者は主任が自らモチベーションを維持できるように(モチベーションアップできるように)支援することが必要です。

 

看護管理者が実践したい、主任への支援の例を挙げてみましょう。

 

①主任会議(隔月開催でも可)で「主任のモチベーションを維持するために」というフリー討議を1年間継続する

②定期的な管理者からの共感と主任の実践している看護の評価を伝える

 

この2点が効果的です。

   

主任会等の公の場と時間を活用し、同じ主任同士でコミュニケーションをとることで「自分だけじゃない」と思い、次の段階で「皆でどうしたらよいか考えてみる」ことで、主任自らが自分なりの答えを見つけることができます。

  

また、主任は看護師ですので、教育や多職種との調整について評価されても正直、うれしく感じないかもしれません。「あの患者さんが喜んでいたよ。ご家族が主任さんに相談してよかったと言っていたよ」という患者さんからのプラスメッセージを管理者から主任にフィードバックすることで、看護師としての達成感を感じることができます。管理業務や教育もするけれど、しっかりと看護をしている実感が持てることがモチベーション維持に必要です。

主任がやりたい看護ができていれば、モチベーションは維持できる?

私は看護管理者の時、よく後輩看護師に「自分がやりたいこととできること、相手が望んでいることが一致するといいよね」と話していました。主任として主任にしかできないことと、(主任である)私がやりたいことが一致できるようになると、“イキイキとした主任さん”になるのではないでしょうか?

 

管理業務や教育は主任1人で抱える必要はありません。時には「手伝って。1人じゃできない」と手放す勇気も必要と思います。主任の役割や業務は、すべて看護に繋がっていることを忘れずに、時にはたくさん話をして、モチベーションを維持していきましょう。

 

プロフィール 

森田 夏代(看護師)
大学病院にて、主にクリティカル領域で一般職から看護管理者(病棟師長・教育専任師長)として約20年間勤務した後、一般企業や医療法人総合病院で副看護部長(看護部長代行)として勤務する。その後、大学院に進学し、看護管理の研究に取り組む傍ら、認定看護師教育センター・大学看護学科の教員として基礎看護教育と研究に従事している。看護が好きな看護管理者の育成を目指し、「キャリア中期看護師の転職支援と組織定着」を研究テーマに博士論文を進めている。

 

目次はこちらをクリック↑

この記事を評価する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP