2020.06.30
5

看護実践を教えることと学ぶこと

そこが知りたい看護管理 vol.10

新型コロナウイルス感染症の拡大は、働き方だけでなく学び方にも大きな変化をもたらしています。オンライン授業も少しずつではありますが、生活の中に浸透してきているようです。しかし、「オンライン授業の実施」=「対面授業と同等のことが学べている」と理解するのは時期尚早かもしれません。今年は集合研修がなく、オンラインでの研修のみでいきなり現場での仕事が始まった新人看護職員も少なくありません。成人である我々は「問いかけ」による指導方法を用いることによって、教える側と学ぶ側どちらにも効果があると森田さんは話します。また、毎日の申し送り時間を活用し、一緒に考える「チャンス教育」の有効性にも触れ、学校ではない臨床で学び・教える場を作り出すことの大切さについても教えてくださっています。

執筆・写真/森田 夏代
編集・構成/メディカルサポネット編集部


そこが知りたい看護管理 森田夏代さん メディカルサポネット マイナビ 

  

「新しい生活様式」がスタートし、少しずつ日常が戻り始めたころでしょうか。巷では3密を避け効率化を図り在宅ワークが一般化した職場もあるようです。先日、何気なく読んだコラムに「新しい生活様式が始まり、リモートワークだけで数か月過ごした新入社員が出社し、大学1年生が通学し始めた今、この数か月を取り戻すかのように勢いをもって指導・教育をするのは誤った選択である。同時に、在宅で教えたから知っている・できるはずということはないことを念頭において欲しい」という文章が目に留まりました。

冷静に考えれば「確かにね」と思うことですが、ともすれば「在宅やwebで教えたのにわからないの?!」と口から出てしまいそうな予感がします。4月入職の看護職は、入社式も集合オリエンテーションもなく外来や病棟という現場に放り出されてしまいました。大切な環境に慣れる・人に慣れるための時間の確保と援助ができないまま新入職者を現場に預けたように思います。私自身の「ついうっかり」を防止する意味でも、今回は臨床での「教えることと学ぶこと」についてお話ししてみようと思います。

  

◆模倣から始まり、学問となった看護教育

  

看護教育の歴史は長く、小学校教育の方法論を模倣することから始まりました。そして、看護師の教育も「先輩の看護を見て盗む」ことで成長していく「模倣から学ぶ」教育の時代からスタートしました。その後、看護を実践の科学という学問として捉え、論理的系統立てて教育をすることや、実践を言葉で伝える(書き記す)ことでデータを蓄積して体系化することが進み、学問としての看護教育学となりました。
 
そして現在は、様々なマニュアルや病院看護管理者のマネジメントラダーなどの形になっています。そして、情報社会の今は簡単に知りたい情報を得ることが可能となっていますが「今日解決したいことがマニュアルや論文になっていない。検索しても出てこない」と感じることも多いと思います。それは、看護が日々、時間と共に変化していることで情報として根拠をもって表現されることにタイムラグが生じているからなのです。

 

◆“問いかけ”がもたらす成人教育の効果

  

成人教育・組織行動学を専門とするドナルド・ショーンは、看護職は反省的実践家(行為の中の反省を繰り返す)と定義しました。すなわち「今、行った看護をその場で知識と癒合することで、教育となり成長につながる」と内省の重要性を述べていました。
 
この理論に基づいて、臨床の看護教育では「患者さんに言われた言葉で、あなたはどう感じたの?」「なぜ、そうしようと思うの?」「こうしたら、次はもっと患者さんが喜ぶよね」と学生や看護師に問いかけています。(実習で学生は「突っ込まれた」と表現しますが・・・)この問いが、看護教育や臨床での看護師の教育指導なのです。
 
もちろん、言葉の選択や問いかける場所・口調などの用い方で、教育ではなくなってしまう場合もありますので、具体的な方法論(問いかけの方法やコミュニケーション技術)は学ぶ必要があります。
 
ショーンが伝えたかったことは、今、行ってきた実践を見つめ直すことができるように、看護師は自分を客観的に見つめて(イコール患者の目線や同じ位置に立って実施した看護を見つめて)、同僚看護師と話し合う(振り返る)ことで、知識と統合することが教育であるということではないでしょうか。

 

スタッフも管理者も一緒に考える「チャンス教育」

私たち看護職は成人学習者ですので「受け身で、これさえ覚えれば良い」という教育は通用しません。今、目の前にある問題や課題を解決すると、その先にある課題にも取り組める・次には今回の解決方法を応用して自分で行おうと思えるように支援することが成人教育の基本です。同様に、成人学習者自身の今までの経験は、すべて価値のある学習資源となり、主体的に学習する姿勢があるということです。(学びたくない人は看護師にはいないということです。)

 

臨床の場には教育のチャンスがたくさんあります。このチャンスを活かすきっかけは、看護管理者のあなたにあります。また、教育を行うにはタイミングも重要です。毎日時間をかけて話をして実践と知識を融合していたら、新入職者の頭の中は消化不良を起こすかもしれませんし、頭の中で考えてしまい行動できなくなるかもしれません。

  

そうならないように、看護管理者は日常の看護業務の中でチャンス教育を実践しましょう。例えば、ナースステーションに戻ってきた看護師に「なぜ、あの時に患者さんは、ありがとうと言ってくれたのかな?」というようにいい看護が提供できているのに、実践した看護師が意識していないような場面について、管理者の言葉で問いかけることは、自分たちの看護を内省し、自信につながり、意欲に繋がっていきます。出来なかったことや満足していないことは、個人でも(ひとりでも言われなくても)内省できます。できていることを認めるのはひとりでは難しいことです。

 

朝の申し送りの場で5分だけ皆で考えてみるだけでも十分な教育の場となります。そして、チャンス教育を繰り返すことで「そんなことも知らないの?習ったよね?」とうっかり口をついて出ることがなくなり、にっこり微笑んで「一緒に考えよう」「ちょっと、集まろう」という言葉が飛び交う場となるのではないでしょうか。

 

コロナ禍から新しい生活様式に移り変わる移行期で、いつもの日常を取り戻そうと焦らずに看護を行いたいものです。

  

  

プロフィール 

森田 夏代(看護師)
大学病院にて、主にクリティカル領域で一般職から看護管理者(病棟師長・教育専任師長)として約20年間勤務した後、一般企業や医療法人総合病院で副看護部長(看護部長代行)として勤務する。その後、大学院に進学し、看護管理の研究に取り組む傍ら、認定看護師教育センター・大学看護学科の教員として基礎看護教育と研究に従事している。看護が好きな看護管理者の育成を目指し、「キャリア中期看護師の転職支援と組織定着」を研究テーマに博士論文を進めている。

       

目次はこちらをクリック↑

この記事を評価する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP