2020.05.29
5

配属3日で「辞めたい」と言った新卒看護師が見た景色
~新入職者が感じる“業務”と“看護”の狭間~

そこが知りたい看護管理 vol.9

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、今年の年度初めはどの組織もこれまでに経験したことのない対応を強いられています。特に、オンライン授業やテレワークができない医療機関では、新人研修等の調整に追われているのではないでしょうか。そんな中、今年も多くの新卒看護師が各配属先で奮闘しているはずです。また、これまでと異なるスケジュールで現場に配属された新卒看護師を受け入れるメンバーや看護管理者の皆さんも、彼らをサポートされていることと思います。中にはリアリティショックを受け、「辞めたい・・・」と言ってきたり、言わずともそんな雰囲気を醸し出している新卒看護師もいるかもしれません。その時、看護管理者はどのように向き合い、解決へと導くのでしょうか?今回は、配属3日で看護師を辞めていたかもしれない新卒看護師が、森田さんの介入によって看護のやりがいを見出し、臨床指導者までに成長した例をとりあげます。普段私たちが実践している”看護”が、ともすると無機質な”業務”になってしまう可能性があり、看護管理者はスタッフが実践する”看護”を意識して伝えることが大切だと話します。

執筆/森田 夏代
編集・構成/メディカルサポネット編集部


そこが知りたい看護管理 森田夏代さん メディカルサポネット マイナビ 

  

新型コロナウイルス感染症が与えた学校・病院における教育への影響

緊急事態宣言解除を受けて、新しい生活様式が始まろうとしています。今後、第2波が来るのか否か全く予測がつかない状況のまま5月が終わろうとしていますが、皆さんはどのように仕事と私生活を維持をされているのでしょうか?

 

私の勤務する大学では学内演習や臨地実習が中止となり「オンラインばかりで、実際に実習に出て対面で看護することが可能なのか」という議論が挙がる中でオンライン授業が継続しています。

 

ところで皆さんの職場にこの4月に入職した看護師は、どのように過ごしているのでしょうか。いくつかの医療機関の看護管理者の方にお話を伺うと・・・

 

「今年は中央の集合研修は中止して、各部署病棟で技術オリエンテーションをしています。中央では精神面のフォローのために数人ずつ看護部で面接型の研修をしようかと考えています」

    

「中小規模病院なので、中央研修は中止して配属先で先輩と一緒に行動して、日常生活援助だけでも一緒に実施できれば・・・『ひと昔前のような教育』に戻すしかなくて・・・。でも、秋頃に改めて技術の集合研修は開催したいと思っています」

 

など、例年通りの教育や計画していた教育ができない現状に申し訳なさを感じているようです。

 

    

◆「やっているのは“業務”ではなく“看護”である」ことに気付く瞬間

学生の状況や看護管理者の方のお話を伺って思い出した場面があります。

 

私が循環器病棟の管理者をしていた時のことです。大卒で地方から入職した看護師が病棟配属3日目に「この病棟では無理です。働けません」と言い出しました。いわゆる「入職時リアリティショック」でした。私は「今、辞める選択をしても直ぐに新しい職場は見つからないから、まずはこの病棟で、あなたがやりたいと思う、やってみたい看護を少し実践してみない?」と提案しました。そうすると「受け持ちをせずに、清拭を1~2人してみたい。車いす搬送をしてみたい」とポツリポツリと話してくれました。

 

彼女をサポートする先輩看護師を固定して「大学で学修した技術のまま実践させても良いし、物品などわからない時はサポートしてあげて。彼女がやりたいと言わなければ、検温や援助前後のサポートはあなたにお願いするから」と依頼しました。新入職者教育は一旦忘れてもらい、病院の看護手順通りの援助は求めずに「やってみたいこと」を優先できるように調整しました。10日ほどした時に彼女から「ありがとうございました。やりたい看護をさせてもらって・・・自分の技術や知識の足りなさがわかったし、患者さんは看護師を待っているんだなって。他の看護師さんは“業務”をしているのではなく、ちゃんと“看護”をしている。看護ってこうなんだって・・・この1週間、見ていてわかりました。私が病棟の決められたスケジュールをこなせないから無理、習っていないから無理とわがままを言っていました。ごめんなさい」と話してくれました。その後、新入職者教育のスケジュールに戻りました。

 

 

それから10年近く経って臨床指導者となった彼女は、管理夜勤で巡視をしていた私に「あの時、やりたい看護をしていいよと言ってくれたおかげで、今の自分があります。『看護は業務じゃない』『看護は患者さんのため』という言葉を、今は私が新人さんに伝えています。あの時、辞めなくてよかった」と話してくれました。

 

◆スタッフが実践する“看護”を意識して伝えていますか?

 この場面は、ひとりの新入職者に対してだったから、サポートできる中堅看護師が充足していたから対応できた異例のことかもしれません。また、多忙な業務に追われ、無意識に振り回されることで、看護師が看護をしている意識がなくなり、周りから見ていると「看護はどこ?」と思うのかもしれません。そのような時は、ひと呼吸おいて「これって、看護だよね」と言葉で伝えることが大切であることを思い出させてくれます。カンファレンス場面だけでなく、物品を取りにナースステーションに戻ってきた看護師が愚痴を言ったとき、管理者が「その患者さんの言葉は、あなたが看護をしたから発せられたことだよね」と意識して「看護をしている」ことを言葉で伝えることが大切です。

   

 

今、それぞれが置かれている立場で看護師としてできることを考えよう

私たち看護師は「どのような状況でも可能な限り看護で貢献したい=対象者(患者・家族など)に貢献したい」と、心の奥底では常に考えています。

新型コロナウイルス感染症により、誰もが経験したことのない状況の中で、病棟運営や新入職者教育が予定通り計画通りには進まないのは仕方がないことです。「ひと昔前のような教育」は決して、ルーチン業務を習得してもらうことではなく「看護のひとつを習得」する場面であると考えてはいかがでしょうか。少しだけ時間的余裕ができた時に、病棟内や看護部内で知識の再確認を行う集合研修のチャンスが来ると思います。今年の新入職者教育は現場から講義室へ(実践から理論の裏づけへ)向かう帰納法を用いていると考えましょう。

 

臨床の看護職の苦労は私の想像以上だと思います。教員である私も「何か役に立ちたい」という気持ちが自然と沸き上がり、臨床のお手伝いに行けないことに歯がゆさを感じています。今、教員としてできることを精いっぱい取り組むことが「看護」であると信じています。辛いときは、思いっきり辛さを言葉にして吐き出して、乗り越えていきましょう。

  

プロフィール 

森田 夏代(看護師)
大学病院にて、主にクリティカル領域で一般職から看護管理者(病棟師長・教育専任師長)として約20年間勤務した後、一般企業や医療法人総合病院で副看護部長(看護部長代行)として勤務する。その後、大学院に進学し、看護管理の研究に取り組む傍ら、認定看護師教育センター・大学看護学科の教員として基礎看護教育と研究に従事している。看護が好きな看護管理者の育成を目指し、「キャリア中期看護師の転職支援と組織定着」を研究テーマに博士論文を進めている。

       

目次はこちらをクリック↑

この記事を評価する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP