2020.10.23
5

秋冬コロナインフルエンザ同時流行対策最前線
「パニックは不要 介護施設にこれだけは知っておいてほしいこと」

国立国際感染症センター長 大曲貴夫さんに聞く

国立国際感染症センター長 大曲貴夫さん

 

「若手介護職から利用者への感染を防ぐには?」「施設内で感染が起こりやすいのはどこ?」がわかる

世界的に猛威を振るった新型コロナウイルス感染症。国内では第二波がやや落ち着きを見せつつありますが、終息の兆しはまだ見えず、医療機関や介護事業所での集団クラスター発生の報道を目にすることも。

 

これからのインフルエンザシーズンを前に、介護施設の運営において利用者と職員の健康を守るためにはどのような対策が必要なのでしょうか?

 

「マイナビ介護職」が運営する、介護職のための情報サイト『介護のみらいラボ』では、国立国際医療研究センター・国際感染症センター長の大曲貴夫先生にオンラインインタビューを実施しました。

詳細は以下『介護のみらいラボ』よりご覧ください。

 

※文末には厚生労働省が作成した「高齢者施設における施設内感染対策のための自主点検チェックシート」が付いており、各施設でご活用いただけます。

 

 

▼詳細はこちら

   介護のみらいラボ   

 

 

 

 

この記事を評価する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

TOP