2020.04.28
5

中小企業庁が業種別支援策をまとめたリーフレット作成
医療関係事業者向けに、最大200万円給付金を支給

中小企業庁は、新型コロナウイルス感染症の影響で足下の経営課題で困っている事業者に向けて、事業や雇用維持のための新たな給付金制度の創設などの支援制度を業種別にまとめたリーフレットを作成しました。「医療関係」の事業者向けには、当面の運転資金を確保するための「最大200万円給付金支給」や「実質無利子融資で資金繰りを支援」など5つの支援策を紹介しています。

中小企業庁は、問い合わせの多い9業種(飲食業、製造業、卸売業、小売業、宿泊業、旅客運輸業、貨物運輸業、娯楽業、医療関係)を中心に、経営者が直面している課題に対して利用できる各支援策を紹介したリーフレットを作成しました。

使える支援策が業種によって大きく変わるわけではありませんが、①持続化給付金 ②資金繰り支援 ③雇用調整助成金 ④税・社会保険料等の猶予/減免 ⑤3補助金等 について、経営者が直面している課題に対し、対応できる支援策が掲載されています。

 

※以下掲載の支援策については、一部、令和2年度補正予算案の成立を前提としているため、制度の具体的な内容や条件については、検討中のものもあります。詳細は経済産業省のHPをご確認ください。

 

例:「業種別支援策リーフレット」(医療関係)

 

その他の業種別支援策リーフレットは経済産業省HPをご確認ください。

 

メディカルサポネット編集部

この記事を評価する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

TOP