2019.08.30
5

そこが知りたい看護管理 ~元看護管理者の実践に学ぶ~
<インタビュー編>

看護管理者がどのような思いでスタッフをまとめ、組織を運営しているのか、管理職以外の看護師からはなかなか見えにくい面もあります。大きな責任を背負う一方で、やりがいも大きい看護管理者という仕事を、もっと知ってみませんか? 
ここでは、看護管理者として複数の病院を経験し、現在は大学院博士課程で転職者教育の研究を進める森田夏代さんに、自身の経験を踏まえた看護管理職の魅力についてお話を伺います。

取材・文/中澤 仁美(ナレッジリング)
撮影/和知 明(株式会社BrightEN photo)
編集・構成/メディカルサポネット編集部

そこが知りたい看護管理 ~元看護管理者の実践に学ぶ~ <インタビュー編>

 

森田 夏代(看護師)認定看護師教育センター・大学看護学科の教員として基礎看護教育と研究に従事している。

 

◆プロフィール◆

森田 夏代(看護師)

大学病院にて、主にクリティカル領域で一般職から看護管理者(病棟師長・教育専任師長)として約20年間勤務した後、一般企業や医療法人総合病院で副看護部長(看護部長代行)として勤務する。その後、大学院に進学し、看護管理の研究に取り組む傍ら、認定看護師教育センター・大学看護学科の教員として基礎看護教育と研究に従事している。看護が好きな看護管理者の育成を目指し、「キャリア中期看護師の転職支援と組織定着」を研究テーマに博士論文を進めている。

 

■スタッフを通して患者さんを看るおもしろさ 

――森田さんが看護管理者になるまでの経緯を教えてください。

 

新卒で大学病院に入職して、ICUやCCU、心臓血管外科などで7年ほど現場経験を積みましたが、ふと「やり切ったような気持ち」になり、今後のキャリアをどうしようかと悩むようになりました。そのタイミングで、当時の上司に「看護学校の教員を養成する研修に興味はない?」と声をかけていただいたのです。職場からの出向というかたちで1年間、腰を据えて看護やその教育について考えられることに魅力を感じ、思い切って挑戦することにしました。そして、研修を終えて元の職場へ戻るとき、救命救急センターの主任を拝命しました。

 

救命救急センターには60人ほどの看護師がおり、私を含めて2人の主任で現場を統括していました。勤務表の作成や管理は師長の仕事でしたが、管理者教育の一環として「今月は森田さんが作ってみて」ということもありました。また、学生の看護実習の受け入れ調整や、毎年120人ほど入職する新人看護師の集合研修なども担当していました。

 

その後、主任として心臓血管外科や循環器内科病棟を経験したのち、病棟管理主任という役職に就き、管理業務をメインとする働き方に移行。さらに救急救命センターで師長となり、看護管理者としてはトータルで18年ほど経験を積んできました。

 

――管理業務ならではのやりがいとはどんなものでしょうか。

 

よく「管理者になると看護ができない」と言う人がいますが、それは大きな間違いです。スタッフが担当患者さんを看るのに対して、管理者は自分が束ねるスタッフを通して患者さんを看ています。師長クラスになれば「自分はこの病棟でこんな看護を提供したい」という思いを実現することが仕事になります。こうした大きな視座で看護を展開することにも、確かにおもしろさがあると私は思っています。

 

管理者になったとしても、患者さんのベッドサイドを訪れる機会はたくさんあります。特に中小規模の病院の場合は、部長や副部長クラスになっても現場に関わるケースは多いはずです。私の場合は、スタッフが知らない情報を得たら共有したり、急変があれば積極的に介入したりしていました。そうすることで、スタッフから「現場のことも分かってくれている」という信頼を得やすくなったと感じています。

 

また、管理者の業務としてスタッフの教育は大変重要です。私が心がけていたのは「やらされ感」のある研修をしないこと。空いている個室を使って急変についてのシミュレーション練習をするなど、「明日から現場で役立つ」ことを実践的に教えるようにしていました。上から押し付けるのではなく、スタッフが自ら考えて行動できるようなプログラム内容を考えることは楽しかったですね。

 
森田 夏代(看護師)画像1

  

■民間病院で看護部の改革に挑む

――その後、他の大学病院などを経て、200床クラスの民間病院へ転職したそうですね。

  

管理者としての経験が長くなるうちに、看護部全体を良くするためにはこれから師長になっていく主任クラスの教育が欠かせないということに気付きました。そこで、看護部で多くの課題を抱えていた民間病院に副看護部長(看護部長代行)として入職し、改革にチャレンジしてみようと考えたのです。

  

その病院の最も大きな問題点は、「看護師が定着しない」ということでした。派遣の看護師が多すぎて人件費を圧迫していたので、まずはそこを削減。その上で、看護力の底上げを図るための教育体制に手を入れながら、主任たちを指導していきました。民間の病院では、「大学病院と同じ教育を行っています」と謳ってはいるものの、実際にはそのように機能していないことがしばしばあるように思います。どれだけ優れたプログラムであっても、現場にマッチしていない教育制度には意味がありません。

   

しばらく病棟を回っているうちに、5~6年くらい現場経験のある中途採用組が多数派で、しかも人材の入れ替わりが激しいことに気付きました。管理者から「即戦力」として期待されるあまり、分からないことを聞きづらく、疲れ果てて早期離職してしまうケースが多かったのです。そこで、その人のキャリアに応じて柔軟に対応できる、中途採用組を対象とした教育プログラムを立案・導入したところ、スタッフの定着率は右肩上がりにアップしていきました。

   

――看護部を改革する上で、スタッフの教育以外の面で大切なことはありますか。

  

長年の経験の中で、病棟の雰囲気そのものに目を向けることも重要だと感じるようになりました。例えば、何らかのミスを犯してしまったとき、思わずその事実を隠したくなるような職場であれば問題です。「患者さんの不利益になることだから、原因を明らかにして再発を防ごう」とスタッフが考えられるように、管理者は日ごろの言動を通して雰囲気を作っていかなければなりません。事故報告のシステムをトップダウンで押し付けるよりも、フランクに問題を話し合えるような組織風土の醸成が大切だと思います。

  

その観点から考えると、ミスが起こったときに犯人探しに躍起になったり、ミスした人を感情的に叱責したりすることは不適切です。あくまでも冷静に、まずは事実確認することに徹し、そこで分かったことから問題解決の糸口を見つけていく必要があります。また、スタッフを守ることも管理者の責務です。「最終的な責任を私が取るためにも、何かあったら正直に教えてね」というメッセージを伝え続けることで、風通しの良い組織作りが可能になるのではないでしょうか。

  
森田 夏代(看護師)画像2

   

■求められるのは「看護が好き」という思い

――現在は臨床から離れ、大学院で研究を進められているそうですね。どのような内容なのでしょうか。

  

現場の看護師などにインタビューを重ねながら、主に大学病院から中小病院へ移った看護師への転職者教育について研究してきました。どのような職場でも共通しているのは、「採用時からの看護部長の的確な関わり」「入職までの事前準備」「配属先での継続的なフォローアップ」の3点が重要ということです。

  

特に「入職までの事前準備」は見逃されがちなポイント。入職日になっても白衣やロッカーが用意できていないなど、受け入れ態勢が不十分な病院がまだまだ多いのが現状です。また、採用者が入職するまでの間、できるだけ継続的に働きかけをする姿勢も大切になってきます。例えば、院内の研修やイベントに誘ったり、入職オリエンテーションを進めておいたりするといったことですね。ある病院で入職予定者にクリスマスカードを送るようにしたところ、「自分のことを大切にしてくれていると感じた」といった声が多く集まり、その後の定着もスムーズだったそうです。

  

――臨床・研究の両方からアプローチを重ねてきた森田さんが考える、看護管理者に求められる資質とは何でしょうか。

  

看護管理者は、あくまでも「患者さんのために最善を尽くす」という判断基準で物事を考えられる必要があります。そういう意味では、「管理者になりたい」「出世したい」という気持ちが強い人よりも、シンプルに「看護が好き」という人のほうが向いているように思います。自分の立場を守ることが中心になってしまうと、判断基準がブレやすいからです。

  

また、看護部の労働環境を変えたいときなどに、関係者と折衝する力も求められます。病院であれば事務長と交渉することが多いと思いますが、「粘り強く話し合う」「客観的なデータを用意する」「先に別の人と事前準備をしておく」といったスキルを高めることが重要ですね。

   

――最後に、すでに看護管理者となっている人、あるいはこれから看護管理者をめざす人へメッセージをお願いします。

  

特に中小病院の場合は、看護管理者の人数が少なく、相談相手もなかなか見つけづらいと思います。同じような立場で頑張っている人と交流する機会を持つために、管理者同士のネットワークを作ってみてはいかがでしょうか。地域の病院同士で交流するのもよいですし、研修や学会などで知り合いを作ることも有意義です。そのような場に出るときは、自分の名刺を忘れずに持っていき、積極的に話しかけるようにしてみてください。管理者になると大きな責任を伴う仕事を任されますが、それだけのやりがいや充実感を得られるはず。ぜひ、臆さずにトライしてほしいと思います。

    森田 夏代(看護師)画像3

   

9月より、月1回森田夏代さんのコラムをお届けします。

どうぞお楽しみに!

 

(取材日/2019年7月25日)

 

 

そこが知りたい!看護管理

目次はこちらをクリック↑

この記事を評価する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP