2019.12.23
5

看護師定着に向けたヒント② ~新規採用者への配慮と地域との関わり~

そこが知りたい看護管理 vol.4

看護管理者がどのような思いでスタッフをまとめ、組織を運営しているのか、管理職以外の看護師からはなかなか見えにくい面もあります。大きな責任を背負う一方で、やりがいも大きい看護管理者という仕事にどのように向き合っていけばいいのでしょうか。
本コラムでは、看護管理者として複数の病院を経験し、現在は大学院博士課程で転職者教育の研究を進める森田夏代さんが、自身の経験を踏まえ、皆さんの看護管理の「知りたかった」に応えます。
コラム第4回目は、前回に続き看護師定着に向けたヒントについてとりあげます。採用を決めた後も入職予定者への配慮を忘れず、気持ちよく当日を迎えるためのメッセージを伝えることで得られるメリットとは?

執筆・写真/森田 夏代
編集・構成/メディカルサポネット編集部

そこが知りたい看護管理 森田夏代さん メディカルサポネット マイナビ 

  

気が付けば12月も後半となりました。皆様の職場では忘年会やクリスマスの準備で慌しい毎日でしょうか。また、12月以降の冬の時期に院内研究発表会を企画されている職場も多いと思います。前回に続き、今回も看護師定着に向けたヒントを2点お伝えします。

 

◆新規採用看護師への関わり
~メッセージカードを送る・welcome message~

私が中小規模病院で採用担当をしていた時のことです。1月以降4月入職内定者(5月の連休明け入職まで)の方に、12月以降で3回連絡を取ることを心がけていました。その理由は、「看護部は、あなたが来てくれる(入職してくれる)のを楽しみに待っています」というメッセージを伝えるためでした。

 

1回目:12月にクリスマスカードを送る

まだ配属部署は決定していないので、各病棟・外来に均等に分担し、実際に勤務している看護師にカードを書いてもらい送りました。部署により寄せ書きだったり、指導者が書いたり、いろいろな工夫がされていました。中小規模病院は「勤務する職員の顔の見える組織である」特徴を生かして、職員皆で入職を待っているメッセージを送ることを意識していました。

 

2回目:年度末の時期に予定している院内看護研究会の案内状を送る

こちらは「時間があったら、遊びに来ませんか?」という気軽な案内にしていました。

 

3回目:入職に関する手続きの案内を事務からお送りする際、小さなメッセージカードを同封する

「笑顔で入職日にお会いしましょう」「引っ越しなどお忙しいと思いますが、お困りのことがありましたら、いつでもご連絡ください」等のひと言を記していました。3回目だけは、看護部長名としていました。

 

森田夏代さん アップルパイ マイナビ メディカルサポネット そこが知りたい看護管理

自宅のクリスマスデコレーション。今年のレイアウトはこんな仕様にしてみました。

 

◆メッセージがもたらす効果とは

新規採用では、一般に2月頃に事務から一方的に手続き書類(内定確認書や白衣注文・各種労務手続きや入職の案内など)が郵送されます。施設によっては入職日直前の1回だけのやり取りとなることもあるようです。その場合「私、本当に就職できるの? 受け入れられているの?」と不安になるという話を聞きます。一緒に働く看護師からメッセージを適度に伝えることは、安心につながるだけではなく、働いてみようという意欲にもつながる効果があります。人材紹介業者の調査では「採用内定通知以降、全く連絡がない」「面接時の印象」などの社風が原因となる内定辞退多いことが明らかになっています。

 

ここで気を付けなければいけないのは強制力が働かないようにすることです。あくまでも任意のお誘い(参加してもしなくても不利益はない)であること・内定が決定した時から、看護部の仲間になったと伝えること・入職日を心から待っていますというメッセージ~気持ちを伝える~ことが大切ではないでしょうか。病院のホームページやSNSを活用している施設もあるかもしれませんが、気持ちを込めて個人におくる(送る・贈る)ことの大切さを私は実感しています。

 

実際に入職した看護師からは「退職前で、冷たい視線を感じていた時だったので、クリスマスカードがうれしかった。」「待っていてくれるなら、勇気をもって転職しよう」という気持ちになったとうれしい言葉も聞かれました。 

 

◆同じ地域で働く看護師同士の関わり~看護部勉強会へのお誘い~

皆さんの勤務している職場では院内勉強会や看護部勉強会を地域の近隣施設に公開しているでしょうか?もちろん、「看護研究発表会の案内は、近隣には毎年郵送しています」という声を聞きます。また同様に、地域とのつながりは看護の対象である住民の方に看護の日や健康フェア・健康教室などでつながっている職場は多いと思います。しかし、近隣の施設(病院やクリニック・施設)の看護職同士が、「直接」「気軽に」関わる機会は少ないように思います。

 

組織の規模が小さく、働いている看護師の人数が少ないと、日常の看護で困ったことが起きた時に相談できる人が少なくなります。また、視点を変えた意見も出にくくなる傾向がありませんか?

そのような時に私は、身近な看護師仲間に相談することをお勧めしています。視点を変えることで新たな発見もあります。

  

公には地域の看護部長会や研修で知り合った方・地域連携施設同士のネットワークを作ることをお勧めしています。しかし、中小規模病院のメリットである「顔の見える環境」を活用しない手はありません。

 

・看護師の生活の中にあるPTAや保育園繋がりのお母さまが現役看護師or潜在看護師

・ご近所の方が地域の施設で勤務されている

 

このような場合はありませんか?もしいらしたら、前回のコラムでお伝えした「病棟担当の勉強会」に遊びに来てもらい、私たちの看護を知ってもらったり、興味のありそうなテーマの勉強会を紹介して、気軽に参加して頂くことをお勧めしています。

 

初めの一歩は「時間があったら子連れで病院見学がてら遊びに来てください。帰りに〇〇に一緒に寄りましょう」とランチに誘うような気軽さが大切です。

 

   

「今年のクリスマスケーキはどれにしよう・・・」と迷うのも楽しみの1つですね。

 

◆地域の看護のチカラ

これを繰り返すことで、以下のような効果が期待できます。

 

毎回の勉強会に他施設の看護師が1~2名づつ参加し、徐々に参加人数が増える

仕事で困ったことがあったら「この前、勉強会に参加してくれた〇〇さんに聞いてみよう」と相談できる

看護師同士の交流が活発になる

更に地域の看護が活性化する

 

近年の医療看護の複雑化から、すべての看護を自分の施設だけで解決することは難しくなっています。同じ日本の看護師仲間です。仲間を増やして交流することで、よりよい看護に進んでいくことは、地域の看護師定着につながっていきます。

 

最初は公式な手続きを省略して、まずは地域に声をかけてみる勇気を看護部長さんが率先してみてはいかがでしょうか?そして、「看護師なら誰でもオープンに声をかけてOK」という組織風土を作ってみませんか。

 

余談ですが、地域の看護職の勉強会参加が定着すると、地域連携がスムーズになるだけではなく、勉強会を(院外に対しては)事前申込制にしたり参加費をいただくことも可能となります。

 

皆様のもとに、サンタが素敵なプレゼントを運んでくれますように、メリークリスマス!

 

少しずつ増えたサンタクロースの人形たち。それぞれ表情が異なるので眺めるだけでも楽しめます。

 

プロフィール

森田 夏代(看護師)
大学病院にて、主にクリティカル領域で一般職から看護管理者(病棟師長・教育専任師長)として約20年間勤務した後、一般企業や医療法人総合病院で副看護部長(看護部長代行)として勤務する。その後、大学院に進学し、看護管理の研究に取り組む傍ら、認定看護師教育センター・大学看護学科の教員として基礎看護教育と研究に従事している。看護が好きな看護管理者の育成を目指し、「キャリア中期看護師の転職支援と組織定着」を研究テーマに博士論文を進めている。

       

目次はこちらをクリック↑

この記事を評価する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP