2020.03.23
5

看護師定着に向けたヒント その4
~今日から実践!早期離職予防につながるコミュニケーション術~

そこが知りたい看護管理 vol.7

看護管理者がどのような思いでスタッフをまとめ、組織を運営しているのか、管理職以外の看護師からはなかなか見えにくい面もあります。大きな責任を背負う一方で、やりがいも大きい看護管理者という仕事にどのように向き合っていけばいいのでしょうか。
本コラムでは、看護管理者として複数の病院を経験し、現在は大学院博士課程で転職者教育の研究を進める森田夏代さんが、自身の経験を踏まえ、皆さんの看護管理の「知りたかった」に応えます。
コラム第7回目は、看護師定着に向けたヒントシリーズその4をお届けします。新しいメンバーを迎える4月を前に、新入職者が長く働きたいと思えるコミュニケーション術や、経験者を受け入れる際に心掛けたいことについて、森田さんの研究データを交えながらお届けします。

執筆・写真/森田 夏代
編集・構成/メディカルサポネット編集部


そこが知りたい看護管理 森田夏代さん メディカルサポネット マイナビ 

3月も早いもので折り返し、関東では桜の開花宣言もありました。以前は入学式で桜が満開でしたが、近年では入学式は葉桜になりつつあります。今年は感染症の影響で卒業式や入学式の規模縮小や中止だけでなく、皆さんの職場も送別会や歓迎会・入社式も自粛ムードではないでしょうか。とはいえ、新年度は待ってくれません。新しいメンバーを迎えてスタートする4月を前に、入職した看護師さんの定着に向けたヒントについてお伝えします。

 

 

数年前に京都で愛でた桜です

 

「明日もこの職場に行きたい!」と思える「待っていました」の気持ち

新入職者と入職前からの関わりの大切さについて、以前、コラムvol.4で内定者にメッセージカードを贈ることを紹介しました。転職サイトの調査によると、新入職者の早期退職の理由は、「勤務条件や仕事内容が募集時と異なる」・「人間関係」・「待遇の違い」という結果が上位に上がります。その原因は説明不足やコミュニケーションエラーにあるのではないでしょうか?

 

新入職者にとって大切なことは「安心して明日も出勤してみよう」と思えることです。辞令交付や入社直後の事務的な挨拶は、社交辞令以外の何物でもありません。入社式やオリエンテーションが済んだ後の配属先で、ひとりひとりの看護職が「入社してくれてありがとう」「入社してくれるのを待っていたよ」「一緒にがんばろうね」と声をかけることが大切です。

 

そして、業務の中で、一緒に検査室に行ったり、手術室に行ったりする時には「今月、入社した〇〇さんです。一緒に頑張るのでよろしくお願いします。早く名前を憶えてくださいね」と、私たちが率先して紹介することをお勧めします。そうすると多職種の方も「新しい仲間ができた」「主任さんが紹介してくれるということは、検査室もチームの一員と思ってくれている。名前を早く覚えよう」と思わぬ連帯感が生れます。忙しい業務の中でのひと言や、組織の中での連帯感は、新入職者にとって「私を待っていてくれた」という確信に繋がります。オリエンテーションでの院内見学頼みにせず、日々の業務の中での紹介を積極的に進めていきましょう。

 

春の代名詞ともいえる、いちごのケーキがテーブルを彩ります

  

◆オリエンテーションで心がけたいこと・言ってはいけない言葉

経験者採用の場合、意識無意識にかかわらず「即戦力」として求めてしまう余り「こんなことも知らないの?」と思いがちです。ですが、転職で新たな場所へ踏み出した彼らは「人に慣れる」・「環境に慣れる」ことに大きなパワーを使っています。 

 

これらは以前、私が研究で転職者にインタビューした時に伺った転職経験者の話です。

 

「口では『ゆっくり慣れてね』と言われたが、ほんのひと言で即戦力を求められていると感じ、焦りました。新人に戻った感じで・・・」

「職場が変わって、注射針のメーカーが違うだけで使い方がわからなくなり、頭が真っ白になってしまって・・・」

「転職後3年は自分からは何も言わないと決めている。まだ、認めてくれていない雰囲気を感じる」

 

いかがでしょうか? 皆さんの職場でも同じことが起こっているかもしれません。

 

新卒看護師のように、看護手順をイチからオリエンテーションする必要はありませんが、ひと言「前に使っていた物品と違うものだったら、一緒に使い方を確認しましょうか?」「確認と思って、最初は一緒に行おうね。私も転職したときは困ったんだよね」と声をかける余裕を持ってください。

 

また、インシデントに直結するような輸血手順・採血手順・与薬に関する指示受け手順については、組織全体のオリエンテーションを実施しているからと省略してはいけません。業務に入る前に、配属先で改めてオリエンテーションを行いましょう。

 

逆に日常生活援助(清潔ケア等)は、経験者は自分の技術で実施できるので、1から10まで同じ手順で行う必要はなく、物品配置や準備片づけの方法を説明するだけで十分です。忙しさから、うっかりしても「うちのやり方はね」と言わないようにしましょう。

 

春らしく食器やテーブルブーケもピンクでそろえました

  

◆看護管理者が得る「新入職者が継続できる確信」とは?

看護管理者自身は、新入職者とは就職時オリエンテーション以外になかなか話をするチャンスやタイミングをつかめずにいるようです。私の調査でも「話をしようしようと思っていたら・・・辞めたいと切り出されてしまって・・・」という看護管理者の声が聞かれました。

 

実際に看護管理者が毎日、業務中の新入職者に声掛けをするのは難しいと思います。ですが、朝の申し送り時や昼のカンファレンス・夜勤者への申し送り時や帰宅直前のどこかで、ひと言「今日は困ったことなかった?」「忙しそうにしているけど、いつでも声かけてね」と管理者から直接、声をかけてください。そして、入職後2週間目・入職後1か月目・2か月目と日程を決めて面接(新入職者からの話しを聴くだけで良いです)をしてください。

 

看護管理者の方は、新入職者の何気ない行動を気に留めて、以下の様子を観察してみてください。

 

・昼休憩でポツンと一人で食事をしていないか

・休憩室での座り位置がどうか

・会話に入らず携帯ばかりをいじっていないか

  

そして、少しでも気になったら直接「今日は、どう?」と声をかけるようにしてください。先のインタビューで看護管理者の多くは「会話をしながら一緒に食事ができるなら安心」と、新入職者が継続できる確信を得るようでした。

  

効果的なコミュニケーションについては、皆さんさまざまな学習をされていると思いますが、私が学んだ中で効果的と思われる技法について、今後紹介していきたいと思います。

  

今回、看護師が定着するには、「100点満点の準備したオリエンテーション」よりも、「何気ないコミュニケーションが重要」であることをお伝えしました。4月1日、笑顔で新入職者を迎えましょう。

 

今年の桜も私たちを楽しませてくれるはずです

 

プロフィール

森田 夏代(看護師)
大学病院にて、主にクリティカル領域で一般職から看護管理者(病棟師長・教育専任師長)として約20年間勤務した後、一般企業や医療法人総合病院で副看護部長(看護部長代行)として勤務する。その後、大学院に進学し、看護管理の研究に取り組む傍ら、認定看護師教育センター・大学看護学科の教員として基礎看護教育と研究に従事している。看護が好きな看護管理者の育成を目指し、「キャリア中期看護師の転職支援と組織定着」を研究テーマに博士論文を進めている。

       

目次はこちらをクリック↑

この記事を評価する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP