2020.02.28
5

看護師定着に向けたヒント その3~看護師の働き方改革とお金のハナシ~

そこが知りたい看護管理 vol.6

看護管理者がどのような思いでスタッフをまとめ、組織を運営しているのか、管理職以外の看護師からはなかなか見えにくい面もあります。大きな責任を背負う一方で、やりがいも大きい看護管理者という仕事にどのように向き合っていけばいいのでしょうか。
本コラムでは、看護管理者として複数の病院を経験し、現在は大学院博士課程で転職者教育の研究を進める森田夏代さんが、自身の経験を踏まえ、皆さんの看護管理の「知りたかった」に応えます。
コラム第6回目は、好評いただいている看護師定着に向けたヒントシリーズ、その3をお届けします。看護界でも働き方改革が積極的に行われていますが、人材定着にはお金も必要です。看護管理者としていかに経営参画し、予算を確保するか、今回はそんなお話です。

執筆・写真/森田 夏代
編集・構成/メディカルサポネット編集部

そこが知りたい看護管理 森田夏代さん メディカルサポネット マイナビ 

  

バレンタインデーも終わり、巷では雛祭りの飾りが見られるようになったり、今年は河津桜もきれいに咲いているようです。院内では、来年度の委員会構成を始めたり、今年度のまとめを行ったりと慌ただしい時期ですね。今回は、看護師定着に向けて、看護部長が中心となり改善するにはどうしたらよいか、お話しします。

働き続けられる職場がもたらす看護師の定着

2019年4月の「働き方改革関連法」の施行により、勤務時間や年次有給休暇取得の義務化など、様々な規定が定められました。また、日本看護協会は2008年から看護師の勤務実態調査を実施し、「看護職の働き方モデルの構築」を公表し「看護職が生涯にわたって健康で安全に働き続けられる職場づくり」に取り組んでいます。

 

看護師定着については、ここ5年位の間に様々な工夫が行われるようになりました。2016年には「中小規模病院は比較的有給取得率が高く、保育環境が整っている」という、日本看護協会や官公庁の調査結果が報告されました。これにより、「中小規模病院は、大規模病院と比較して働き続けられる環境にある」という結論が示されたことになります。

 

具体的に働き続けられる環境として、以下のような工夫がされています。

①院内保育室等に子供と一緒に出勤し、勤務終了後に一緒に帰宅する

②毎週金曜日は夜間保育を行い、夜勤ができるように体制を整えている

 

同様に、法人組織に介護系のグループ施設などを持っている場合、看護職員が高齢の家族と一緒に出勤し、同じ施設内のデイサービスセンターで1日を過ごしてもらい、勤務終了後に一緒に帰宅できるようにして、介護退職を減らす努力をしている場合もあります。

 

また、短時間正社員制度や日勤常勤採用制度の導入など、多様な働き方によって職員を確保する努力をしている場合もあります。ここに挙げた以外にも顔のみえる組織である中小規模病院ならではの工夫が行われています。

 

看護管理 森田さん 2月画像

実家では毎年一刀彫のお雛様を飾っています

◆この組織で働き続けようと思う理由

あなたが今の職場で働き続けている理由は何でしょうか?

 

・人間関係が良いから?

・残業や時間外勤務が少なく定時で帰宅できるから?

・託児所が併設されているから?

・お給料が良いから?

 

など、理由は様々だと思います。

 

看護師免許は日本では更新制度がないこと、看護師不足が叫ばれていることから「今日、仕事を辞めても、明日からでも働く場所がある」と看護師同士で笑いながら話をすることはありませんか?実際に仕事を辞めて、翌日から働く人がどれくらいいるかはわかりません。それは、前述のような働くことのメリットを考えて職場を選ぶからだと思います。誰もが、転職するときは「この職場で良い看護をしよう、長く勤めよう」と心の片隅で考えているはずです。

 

同様に、採用する側の看護部長も「採用したからには長く勤めてもらいたい。よい看護を一緒に行っていきたい」と考えています。

 

◆看護部長としての実践~経済面への参画~

ここからは看護部長にできる看護師定着に向けた具体的な改善について、私の取り組みの実際と同じ地域の看護部長の取り組みについてお話しします。

 

1.派遣を廃止して仲介手数料を看護部教育費へ

中小規模病院は派遣の採用が比較的多いですが、派遣を廃止することで仲介手数料を看護部の教育費に当てることが可能となりました。この教育費を活用し、日本看護協会の入会費と年会費を支払い、常勤看護師は全員協会員となり、看護協会で開催される講習や研修への参加の機会を提供することが可能となりました。

 

また、「派遣=一時的なお手伝い」という印象や「すぐにいなくなってしまう人」という印象を排除することができました。同時に、勤務形態は異なっても「一緒に看護をする仲間」という認識に変化していきました。

  

2.夜勤手当の検討・時間外研修の超過勤務手当支給

看護部長の権限では基本給やボーナスを変化させることは現実的に不可能でした。しかし、夜勤手当の見直し(増額)や時間外研修の手当支給の導入は可能でした。

 

・地域の夜勤手当の相場をリサーチし、若干、増額した夜勤手当を支給

・様々な雇用形態がある中で不公平感が出ないよう、以下のように工夫

 ■2交代勤務の場合は5回目から手当てを増額

 ■3交代勤務の場合は7回目から手当てを増額

・時間外研修については、超過勤務手当を支給し、「仕事としての研修」であることを意識付け

 

3.看護部教育予算の確保:年間1人当たり一律金額支給

看護部教育予算として、常勤看護師には、一人当たり年間一律で予算を確保しました。使い方は看護師個人に任せ、院外の研修に行くときの参加費や交通費、看護系の書籍購入など効果的な利用をしていました。もちろん、予算を使わない看護師もいましたので、その分は次年度の看護部予算として繰り越しました。

 

このように、正当な勤務については賃金として支払うことで働きやすい職場環境を整えつつ、看護師としてのキャリアを進めるための教育予算を提供することで教育環境を整えました。1年1年継続することで、「組織に大切にされている」という気持ちと「看護師として学び成長しよう」という気持ちの両方が培われていき、看護師定着につながりました。

  
看護管理 森田さん画像2月

   春を感じるひととき、スイーツ盛りだくさんのブッフェに癒されました

  

看護部長が病院経営に参画することのひとつは、「働く看護師の教育」と「職場環境の整備」という使命があります。この役割を果たすためには経済面への参画(院長や事務長との交渉・折衝)は必要不可欠です。

 

プロフィール

森田 夏代(看護師)
大学病院にて、主にクリティカル領域で一般職から看護管理者(病棟師長・教育専任師長)として約20年間勤務した後、一般企業や医療法人総合病院で副看護部長(看護部長代行)として勤務する。その後、大学院に進学し、看護管理の研究に取り組む傍ら、認定看護師教育センター・大学看護学科の教員として基礎看護教育と研究に従事している。看護が好きな看護管理者の育成を目指し、「キャリア中期看護師の転職支援と組織定着」を研究テーマに博士論文を進めている。

       

目次はこちらをクリック↑

この記事を評価する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP