2021.04.09
5

失敗しないための事業承継 ~Withコロナ新時代 危機に強い薬局になるために~

事業譲渡をお考えの薬局・ドラッグストアーの経営者、オーナー様向け/薬局向け事業承継セミナー(オンデマンド配信/事前予約制)

 

「マイナビ事業承継」の特別企画としまして、調剤薬局・ドラッグストア事業者様を対象にウェブセミナーをオンデマンド配信いたします。

株式会社日本M&Aセンターのトップコンサルタントである、調剤業界支援室室長の山田紘己様をゲストにお招きし、再編が進む薬局業界の「いま」を余すところなく語る、充実したコンテンツとなります。

今後、事業譲渡をお考えのご経営者様にとっては、必見の内容となっております。なお、今回の内容はお申込みいただいた方のみの限定セミナーとなりますので、一歩踏み込んだ情報提供ができる予定です。

事業承継には、中長期的な視点での経営戦略が不可欠ですので、ぜひこの機会にお役立て下さい。

  

 

 

 お申込みはこちら 

 

  

■事業譲渡をお考えの薬局・ドラッグストアーの経営者、オーナー様向け■

失敗しないための事業承継 ~Withコロナ新時代 危機に強い薬局になるために~

 

【対象】薬局・ドラッグストアーの経営者、オーナー

※ 同業他社の方のお申込みは、お断りさせていただく場合がございます。

 

【講師】株式会社日本M&Aセンター 調剤業界支援室 室長 山田 紘己氏

 

【講演内容】

■M&A件数の推移

リーマンショック後の2011年には1,700件弱であったM&Aの成約件数は2017年には3,000件を超え、2019年には初めて4,000件を超えるなど、増加の一途をたどっています。この背景には中小企業の経営者の高齢化が起因しており、事業承継の方法としてM&Aを選択されている中小企業が増加しているため、全体のM&A成約件数も増加しています。

■調剤薬局の業界再編

その中の一つが調剤薬局です。もともとM&Aを通じた規模拡大の動きがある業界でしたが、近年ではこれまで以上に急速に業界の再編が起こっています。M&Aを利用することにより、規模拡大だけでなくもともと地域で働いている経験豊富な資格者を獲得することができるため、非常に効率的な経営手法として捉えられています。

また調剤薬局の大半を占める中小規模薬局においては、従業員数が限られ、経営者の高齢化も大きな課題となっており、従業員の雇用確保等のためにM&Aを通じた事業承継を検討するケースも急増しています。

そんな状況下において、良いM&Aをするためにどうすればよいか、失敗例と成功例を元にお話しさせていただきます。 

 

【開催日時】

・2021年4月27日(火)18:30~19:30(開催終了)

・2021年4月28日(水)18:30~19:30(開催終了)

・2021年5月7日(金)18:30~19:30(残席わずか)

 

【開催方法】ZOOMにて配信

※お申込みいただいた方に視聴用URLをお送りいたします。

※お申込みには会員登録(無料)が必要です。

  

【参加費】無料

 

【定員】各回、先着10名様

 

【参加特典】視聴後にアンケートにご回答いただきました方には、登壇者である株式会社日本M&Aセンター山田様との個別面談が可能です。

※アンケートのご回答内容によっては、ご案内が難しい場合がございます。

 

 

 お申込みはこちら 

 

講師プロフィール

株式会社日本M&Aセンター 調剤業界支援室 室長

山田 紘己(やまだ ひろき)


慶應義塾大学商学部、米国コロラド大学ビジネススクールを経て日本M&Aセンター入社。業界特化事業部の立ち上げに参画し、以来、業界再編業種を中心に、幅広い業界でM&Aを支援。現在は調剤業界支援室室長として年間約200店舗のM&A仲介を実行している。
※株式会社日本M&Aセンターは、東証1部上場、日本最大級のM&A仲介会社です。

 

 

 

 

 

 

中途採用のご相談やお問い合わせ、マイナビ(人材紹介サービス)の資料請求は以下より承っております。

この記事を評価する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

 

TOP