2020.11.13
5

【開催中止/後日動画配信】12月15日(火)「第12回メディカルフォーラム」

職員が定着するのには理由がある! 人材の活躍を後押しする職場とは?

※今般の新型コロナウイルス感染拡大の影響を鑑み、開催を中止することといたしました※
新型コロナウイルス禍において組織運営が混乱する中、人材を定着させより組織力を高めることが求められます。
弊社では、『人材の定着と活躍』をテーマにした「第12回メディカルフォーラム」を、12月15日(火)に株式会社マイナビ新宿オフィス(JR新宿ミライナタワー25階)で開催します。
第1部(10:00~)は、病院・介護事業所関係者向けに、病院・介護系に特化したチームビルディングの専門家である株式会社メディフローラ代表取締役の上村久子さんを講師にお迎えし、病院・介護事業所関係者向けに、生産性を高め、職員が定着し長く活躍できる職場づくりについてのポイントをお話しいただきます。
第2部(14:00~)は、薬局関係者向けに、HYUGA PRIMARY CARE株式会社 代表取締役の黒木哲史さんを講師に迎え、いかに従業員の離職を減らし、定着化を進めてきたか、これまでのきらり薬局の取り組み事例とこれからの薬局の事業モデルについてお話しいただきます。
これからの病院・介護事業所・薬局の経営に役立つ情報満載です。皆さまのご参加をお待ちしております。

  

 「第12回メディカルフォーラム」開催中止について 

2020年12月15日(火)に開催を予定しておりました「第12回メディカルフォーラム」について、今般の新型コロナウイルス感染拡大の影響を鑑み、開催を中止することといたしました。

講演の内容は、動画収録の上で、後日メディカルサポネット上で配信いたします。配信日が決定いたしましたら、改めてお知らせいたします。

本フォーラムへの参加をお申込みいただいていたお客さまには大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

<第12回メディカルフォーラム概要>

【日時】2020年12月15日(火)第1部10:00~/第2部14:00~ ※受付は各回開始時刻の30分前から行います。
【会場】株式会社マイナビ 新宿オフィス マイナビルーム(25階)
【住所】東京都新宿区新宿4丁目1番6号 JR新宿ミライナタワー25階
【アクセス】JR「新宿駅」ミライナタワー改札より直結
アクセス詳細はこちら
【受講料】無料(会員限定、要事前申し込み)※会員登録は無料です。
【定員】各回60名 ※定員になり次第、締め切らせていただきます。※各回1法人あたり3名様までのお申し込みとさせていただきます。

 

 

 

 

<第1部>

【対象】病院・クリニック・介護施設経営者、人事採用担当者

【講師】株式会社メディフローラ 代表取締役 上村久子さん

【内容】新型コロナウイルス禍において、この普通ではない状況で一致団結して乗り切ろう!と切磋琢磨している法人もあれば、大騒ぎして不安をあおってしまい組織の団結も危機的な状況に陥ってしまう事業所もあるなど、組織の在り方が問われている時代となっています。この状況をどう組織の原動力とするかは、組織構成員一人ひとりの在り方が大切です。

本セミナーでは、看護師から医療コンサルタントに転身し、病院・介護系に特化したチームビルディングの専門家である株式会社メディフローラ代表取締役の上村久子さんを講師にお迎えし、病院・介護事業所関係者向けに、生産性を高め、職員が定着し長く活躍できる職場づくりについてのポイントをお話しいただきます。

緊張感が続く医療機関・介護事業所で働かれている皆さまへ、「働くことがたのしい!」と言える職場づくりについて、実際のケースを通じて一緒に考える時間を提供します。 

     

プロフィール

株式会社メディフローラ 代表取締役 

上村 久子(うえむら ひさこ)


専門は人材育成、院内データを活用した病院経営、看護マネジメント、病院・介護系に特化したチームビルディング。看護師・保健師免許を取得後、医療現場における人事制度の在り方に疑問を抱き、総合病院での勤務の傍ら慶應義塾大学大学院において花田光世教授のもと、人事組織論を研究。大学院在籍中に組織文化へ働きかける研修を開発。その後、医療系コンサルティング会社にて急性期病院を対象に診療内容を中心とした経営改善に従事しつつ、社内初の組織活性化研修の立ち上げを行う。2010年には心理相談員の免許を取得。2013年フリーランスとなる。大学院時代にはじめて研修を行った時から10年近く経とうとする現在でも、培った組織文化は継続している。

 

  

 

<第2部>

【対象】薬局経営者、人事採用担当者

【講師】HYUGA PRIMARY CARE株式会社 代表取締役  黒木 哲史さん

【内容】薬剤師の対人業務が強く求められる現在、従業員の役割期待や満足度を上げる事と適切な評価を行う事は今後の薬局経営において重要視する必要があります。

当セミナーでは、HYUGA PRIMARY CARE株式会社 代表取締役の黒木哲史さんを講師に迎え、いかに従業員の離職を減らし、定着化を進めてきたか、これまできらり薬局が取り組んだ事例とこれからの薬局の事業モデルについてお話しいただきます。今後の薬局経営に欠かせない情報を提供いたします。

 

▶講演内容:

『今後の薬局の在り方と取り組むべき方策』

『従業員の適切な評価設定』

『従業員の離職抑止』 

     

プロフィール

HYUGA PRIMARY CARE株式会社 代表取締役

黒木 哲史(くろき てつじ)


第一薬科大学にて薬剤師免許を取得後、調剤薬局他医療現場で勤務する。
自身の入院体験を機にこれからの医療の在り方として在宅医療の社会インフラ化を目指す事を決心する。 医薬分業の実現や地域包括ケアシステムの構築にむけて、「患者さん(利用者さん)が24時間365日自宅で療養できる社会インフラを創る」を経営理念として、2007年11月14日にHyuga Pharmacy株式会社(2020年10月1日より「HYUGA PRIMARY CARE株式会社」へ社名変更)を設立。設立から10年以上経過した現在でも培ったノウハウを蓄積し、事業を継続している。

 

 

  

 

 

開催にあたっては、以下の新型コロナウイルス等の感染症予防対策を実施いたします。

(政府・自治体のガイドラインを基に、安全を確保し開催いたします)

■□感染症予防対策について□■

・完全予約制の実施

・来場者数を管理し、一定以上の来場数となった場合には入場制限の実施

・全参加者へのマスク着用を徹底

・発熱・体調不良時(※)の来場及び入場見合わせのお願い

 ※37.5℃以上の方および体調不良の方は、入場をご遠慮させていただきます。

・扉の開放、空調設備による換気を徹底

・アルコール手指消毒液の設置

・共有部分について定期的な消毒等

・会場での座席間隔の確保

※感染症予防対策を行って開催を予定しておりますが、状況によっては中止になる可能性がございます。

 

「第12回メディカルフォーラム」に関するお問い合わせは、下記お問い合わせ先までお願いします。  

▼お問い合わせ先
メディカルサポネット編集部
E-mail:medical-saponet-sk@mynavi.jp
TEL:03-6628-4932(平日9時30分~18時)

 

<参考>これまでのセミナー情報はこちら

この記事を評価する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP