2021.01.07
5

薬局のライフサイクルを知る(3)
~薬局経営ターニングポイントとなった2020年~

狭間研至の薬局経営3.0~社長が変われば薬局が変わる~
vol.4


狭間研至の薬局経営3.0社長が変われば薬局か変わる

 

編集部より

医師であり調剤薬局の経営者でもある狭間研至さんの連載コラム「薬局経営3.0〜社長が変われば薬局が変わる〜」。第4回は、狭間さんが薬局経営に閉塞感を感じていたころに知ったという言葉「全てのビジネスモデルには寿命がある」を起点に、調剤薬局のビジネスモデルについて考察を深める第3弾です。経験したことのない事態となった2020年が終わり、世の中はもちろん、薬局にも多くの変化が起こりました。そしてそれは「患者のための薬局ビジョン」の実現につながる変化となったのです。コロナ禍を機に「薬局経営3.0が成長期に入る号砲」が鳴らされ、2021年はさらなる成長が期待されています。

 

2020年という特別な年を越えて

 

こんにちは。狭間研至です。前回は「薬局の世代間移行」をテーマに、経営者というものは、現場をよく観察する虫の目だけでなく、全体を俯瞰する鳥の目を持つことが大切だというお話をいたしました。今の「調剤薬局」というビジネスモデルは、昔の町にあった小さな個人商店の様な薬局を第一世代(1.0)と考えれば、第二世代(2.0)になります。1.0の薬局が今はほとんど見られなくなったように、2.0の薬局も、いずれ世の中から無くなっていき、新しい第三世代の薬局、つまり、薬局3.0が生まれるのではないかということでした。

 

薬局3.0にとって、2020年は特別な年だと考えてきました。というのも、前回の私のオカルト(!)の話からすれば、2003年に始まった薬局3.0は、17年間の導入期を経て成長期に入る年になるからです。そもそも、この薬局のライフサイクルという話を思いついたのが2006年ですから、当時、2020年という14年も後のことは、予想することは不可能に近かったです。

ただ、薬局2.0成長期の最終盤のころでしたので、在宅訪問やOTC販売に積極的に人手を割くようなビジネスモデルの収益性は惨憺たるもので、相次ぐ調剤過誤も相まって、本当にどうなることかと思っていたころでした。

 

そもそも、導入期のビジネスモデルというのは、危険かつ採算性の悪化ということがキーワードですから、まさにそれを地で行くような毎日でした。ですので、私にとって、薬局3.0が成長期に入る2020年というのは、ある意味では待ち遠しかったですし、とにかく会社が潰れないようにと願いながら会社に通っていました。

 

一方、栄華を誇った(?)「調剤薬局」、つまり薬局2.0というビジネスモデルは、2008年から成熟期に入りますが、当初は成長期の流れを引きずっていますから、少しずつ経営環境は厳しくはなるものの、まだまだなんとかなっていましたが、状況はやはり変わってきていました。

  

 

会員登録されている方のみ続きをお読みいただけます。

この記事を評価する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP